あなたは自分の幸運に気づけてますか?

こんにちは、黒澤ミライです。

今日は先日、ふと思い出した話があったので、そのことを。

「思っている以上に人は幸運を見逃している」って話です。

懸賞当選しているのに連絡がつかない当選者

私は以前、WEBプロモーションの仕事をしていて、その中で懸賞キャンペーンを担当していたことがありました。期間的には1年くらいかな?全部自分でしてたので、商品選ぶ、ページ作る、抽選する、連絡する、発送する、って行程を全てしていて、どの行程もそれなりに悩ましいことがあったのですが、今回は当選者への当選連絡について。

ラッキーなことって言われて、パッと思いつくのが宝くじに当たる、とか懸賞に当たる、とかそういうことではないかと思うのです。

私がしていた懸賞キャンペーンは応募の段階では個人情報取扱の関係で住所を入力しません。なので、当選が決定してから当選者に連絡して住所や電話番号を教えてもらうんですね。

で!!「当たりましたー!」って連絡をしているのに、返信がない人ってのが意外といます。

商品を余らせるわけにはいかないので、当選連絡から1週間以内くらいを返信期限とし、それまでに返信がなければ次の当選者に回します、ってシステムなんですけど。

あれ?これ、何人目の当選者?みたいなのが普通にある。当時流行っていた任天堂DSとか…品薄なところ頑張って探して買いに行ったのに、5人目の当選者に連絡しても返信がこない…みたいなことが普通にあって。

これは2004年ごろの話なので、スパムメール全盛期、というか。メールサーバー側でのスパムチェックも精度が低いので、メールボックスに無駄なメールがガンガン届くし、スパムメールもいろいろありますけど、一番メインの手法は「あなたにこれが当たりましたよ、ここから個人情報入力しよう」みたいな当選商法?もしくはエロ?なので、こちらは本当なのに「懸賞当たりましたよ」みたいなメールは、中身を読んで応募したこと忘れてて「スパム?」って思うのか、タイトルだけでスパムって思うのか。どちらかはわかりませんが、かなりの割合で当選者から連絡来ませんでした。(ひどいと半分くらい)

返信が来やすい当選連絡メールのタイトルとかを試行錯誤して、これでどうだ!こっちはどうだ!って、私は一体何をしているんだ、って思いました。

みんな!!当たってるんだよ!ニンテンドーDSだよ!テーマパークのチケットだよ!当時は高かったHDD付きDVDプレイヤーだよ!返事してーーーー!!!って。

だいぶと長い前置きになりましたが、幸せ来ているのに気づかない問題ってのは、日常の至る所にあると思います。「全然いいことないわー」って思っている人は、「いいことに全然気づいてないわー」ってことかもしれません。

では、今回の懸賞キャンペーンから考える幸運に気づかない理由についていくつか紹介していきますね!

色々散らかりすぎて幸運に気がつかない

幸せの基本は断捨離!整理されて片付いた部屋!って言いますけど。これはね、本当だと思います。色々汚れているとあるものに気がつかないんですよ。

絵を描きたい!って思っていたのに、いつの間にか絵を描く道具は目につかない引き出しの奥にまみれていた、とかね。本当は描いていたらいいところまで行っていたかもしれない。

メールボックスがゴチャゴチャすぎて、必要なメールを見逃しまくっている。

だから当選にも気がつかない。そういうことです。片付けるはラッキーアクションの中でもやりやすいと思います。ピカピカを目指さずに「これは流石にいらないわ」ってレベルのものを排除するだけでだいぶ違ってくると思いますよ。

なんでもいいから幸運欲しいと思いすぎで幸運に気がつかない

これは上のメールボックスごちゃごちゃにも関連するんですが。

当時の懸賞キャンペーンって(今も?)メルマガ登録を必須にしているものが多かったので、たくさんの懸賞に応募している人は大量のメルマガに登録する羽目になって、たくさんメールがくるから結果的にメールボックスがごちゃごちゃになって、当選に気がつかない。

んで、たくさん懸賞に応募する人ってその商品が本当に欲しいのか?って言ったらそうではなく「なんでもいいからタダで商品GETしたいな、高いものなら売って現金化したいな」みたいな気持ちで応募しているのです。「なんかいい思いしたい」それだけだと目標がブレますから。

いざ、幸運っぽいものが来たとしても気がつかないのです。

本気で望んでないから幸運に気がつかない

望んでないことを望んでいるようにしているから、幸運に気がつかない。

占いでもよくあります。「イケメンの彼氏が欲しいんです!!」って。よくよく聞いてみると別にイケメンでなくてもよくて、そこまで重要な相手の条件じゃなかったりします。

口では言っているんだけど、本心では望んでいない。だから、それらに対して注意を払う力が弱くなって、結果気がつかない。

望む時は本当に望んでいるのか?しっかり自分に問いかけるのが大事。

信じてないから幸運に気がつかない

「第一志望は東大です!!」「東大行きたいです!」って言っているのに、心の中で「自分なんか東大に受かるわけないじゃん」って思っている人。

「年収2000万の金持ちと結婚したい!」って公言しているのに、「私みたいな女金持ちが選ぶわけないじゃん」って思っている人。

こうなって欲しい!こうなったら幸せ!って思っているのに願っているのに、なぜか「そんな風になるわけない」って思っている人、多いです。

懸賞も「どうせ当たらないけど」とか「懸賞なんて本当は嘘で商品送ってないんでしょう?」なんて思いながら応募している人、少なくないと思います。

「当たるわけない」って思っているから、いざ当たった時に気がつかない。

「当たるわけない」とか「大学に受かるわけない」とか「素敵な恋人ができるわけない」みたいな気持ちって、そうならなかった時に自分が傷つかないための無意識の防御策だと思うのですが、夢が叶わない=あなたの価値がない、ラッキーを引き寄せるパワーがないってわけじゃないので。

どんな夢でも堂々と「いや、絶対叶うし!」って思いましょ。

 

以上、幸運にちゃんと気づいてますか?ってお話でした。

 

Leave a Reply