【復縁】変化することと相手をコントロールすることは違う

こんにちは、占い師の黒澤ミライです。

前回書いた復縁と破局に関するお話(破局は変化のスピードが違うから起こる)の続きです。

前回話した通り、破局は相手との変化のスピードが違うから起こります。

なので、復縁しようと思ったら、そのスピード合わせていかないといけないんですね。

同じペースじゃなかったとしても、相手が少しずつ変わっていくなら、あなたは一気にドン!と変わるとか、変化の量を同じにすることが大事です。

情に訴える思いの強さで再勝負する、って方法もなくはないですが、復縁後も関係を長く継続するって観点で見ると弱いです。

望む未来は自分が変化することで手に入れる!って私は日々思っていますが、自分が変化しよう!って思う時に注意しなくてはいけないことがあります。

それは自分が変化すること相手をコントロールしようとすることは違うということです。

復縁のために自分が変化すること、とはどういうことか?

ボーイッシュでサバサバした性格が魅力のAさんがいたとします。

相手の男性から「女らしくない、ときめかなくなった」と振られた。

相手の男性が浮気していた、新しく付き合い始めた女性が自分とは全く違うふわふわの女の子らしい子だった。

ということがあったとします。

Aさんはふわふわした洋服や女らしい所作が嫌いなわけではありません。ただ、なんとなく、「自分には似合わないだろう」とか「アイテムを上手にセレクトできない」とか「時間と予算がないから」とかでなんとなく遠ざかっていただけでした。

けど、彼に振られた、すごく悔しいし、悲しい。私だって女らしくできるもん!!と思い立ち、今まで買わなかったようなワンピースを買ってみたり、髪型を変えてみたり、そういうのは自分の心のうちからの変化。嫌じゃない変化。いい変化です。

初めはぎこちなかった女子度の高い服装や髪型も続けていくうちに様になり、合わせて所作も変わってくるでしょう。この例だと変えたのは服装と髪型ですけど、自分が何かを変化させた場合、そこに連動して変化させようと意識してなかったものも変わって来ますから、本気でこういう変化を取り入れた場合、全体の変化の量はすごく大きくなります。

彼のとの復縁も夢じゃなくなってくるでしょう。

復縁のために自分の変化で相手をコントロールしようとすることとは?

今度は復縁のために相手をコントロールしようと思うパターン。

先ほどの例と同じように、彼と復縁するためにはフワフワした女の子らしさを出していくことが必要だ、と思ったとします。

ただ、こちらのBさんはそのようなものになんの魅力も感じません。むしろ、そういったフワフワした女の子らしい人が嫌いなくらいです。だけど、彼は振り向かせたい!どうにかしたい!

なので、柄じゃないけどぶりっ子してみたり、普段と違う服を着てみたり、話し方を変えてみたり…やっているうちに意外と楽しいじゃん!って本人が楽しめればいいのですが、「全然楽しくないけど、これは復縁のため!!」ってなると、うまくはいきません。

それはあなたが変化したのではなく、彼を変化させるためにコントロールしようとしているだけですから。作り笑いと本当の笑い、よほど上手じゃない限り大抵の人はなんとなくわかります。

一回はうまくごまかせたとしても、この場合は変化を継続させることが大事なので、幾度となく続けていくうちに確実にばれます。だったら、無理して嫌なことをするよりも、自分が好きなこと、自分らしいことにより変化を加えていく方が効果はあるかも知れません。

そして、そもそもあなたが嫌いなもの、苦手なものを彼は好き、ということなので、そんな彼が好きなのかどうか?じっくり考える必要があります。

復縁するためには自分も楽しめる変化が大事!

というわけで、まとめますと。

復縁するには変化が大事です。何も変わらずして、復縁の時を待つ…それでうまくいくケースも稀にはありますが、それは二人の関係が破局するにあたり、二人とは関係のない外的要因が大きく関わった場合のみで、ケースとしては稀だと思います。

そして、復縁のために必要な変化ですが、復縁のために無理やり自分を押し殺してする変化は意味がない。復縁をしたい気持ちや、失恋の悲しさをきっかけに、自分自身が楽しみながら変化していくことが何より大事です。

Leave a Reply