自分の親は毒親かも?って思った時にオススメの本

こんにちは、黒澤ミライです。前回、毒親についてのエントリを書いて、おすすめの本を紹介しましたが、「あ、こっちの方がよりライトでおすすめだわ」ってことで、2冊目の紹介です。

前回の記事はこれですね。

今回おすすめするのは「うまくいっている人の考え方」という本です。これ毒親の本ではありません。自己肯定感を高めまくるための本です。

9年くらい前かな…結婚して、母親が末期ガン再発ってことで最後の余命に向き合うぞ!って仕事も辞めたけど、色々うまく行かず…イライラとモヤモヤが爆発していた時に読んで、だいぶ楽になった本です。

「毒になる親」は毒親関連の入門書ではありますが、やっぱり読むのつらいなーって人もいるだろうし。毒親であることを受け入れる理由って、自分の認知や自己肯定の概念が生い立ちによって歪んでしまって、結果、今手にしたいと思う幸せを手にできなくなってしまっている、ことにあるので。

毒親がどうの言わなくても自己肯定感高められて、認知の歪みを矯正できれば、なんでもいいわけです。

この本は、本当、サクッと読める。語りかけはすごく優しいので、ジーンときて、どこかのページにとどまることはありますが、文字数が多いわけじゃないので、読むだけなら1時間半もあれば読めるのでは?

で、この本読んで「やばい、自分にめっちゃ当てはまる!」って思ったら、毒親の可能性が高いし、ホロスコープでいう月が傷つけられている可能性が高いです。

けど、寄り添い系なので、「少しずつ前に進もう!頑張ろう!」って思えるとても良い本。

気がついたら相手に「すいません」って謝ってるとか、謎に相手にマウント取られて、尽くしてしまうことが多い、とか、人にバカにされやすい、とかそういう風に感じている人におすすめです。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

うまくいっている人の考え方
価格:1100円(税込、送料別) (2019/11/14時点)

Leave a Reply