運気をあげるなら流行っているところで働く!

こんにちは、黒澤ミライです。この間、久しぶりにクリスプサラダワークスのサラダボウルを食べました。デリバリーで何度か利用したことがあったのですが、今回初めて店舗で購入して、店員さんの雰囲気・サービスが思っていた以上に良く、味も相変わらず美味しくてすごく幸せな気分になりました。

ここ数年、サラダボウル系増えてるけど、2、3のショップを試してみたけど、ダントツでクリスプサラダワークスが好きです。葉物とドレッシングの味が良い!

サラダを食べながらしみじみ思ったのですが、運気をあげたいなら、流行っているところ、伸びているところで働く!って結構大事です。

売り上げが上がっている会社やたくさんのお客さんで賑わっている飲食店など。そこにいい気があるから、業績が上がっているわけで。そのサービス自体に宿る気もあるけど、いい気を持つ従業員(お客様も含むかな)が集まっているから流行っているわけです。

働くって人生のかなりの時間を費やします。寝ている時間は長いから寝具には力を入れよ!なんていうけど、働き世代にとっては働いている時間が長い人の方が多い。だったら、その時間を充実させないと損ですよね。

そして、入ったからにはそこの空気にしっかり染まってみることが大事!

私自身も「あ、ここ運気の変わり目だったな」って後から思う時って、新しい仕事を始めた瞬間で、いいように変わったって思う時は、その時旬な会社で働いた時です。

流行っているところ、売り上げが上がっている会社ってキラキラしています。自分の運気が落ちているなーって感じている時って、そのキラキラが眩しく感じて「私が入っても馴染めないかも」とか「絶対に受からないだろう」なんて思いがちですが…「私なんて」の思考が運気の低下に拍車をかけているので。

「受けるだけなら私の自由!」って割り切って応募してみるかーが大事。そして、その場所が本当に運気が上がっている場所ならば「キャラが違う」とかでつまはじきになることもなく、あなたがあなたらしくいることを個性として尊重してくれるはずです。それが自信に繋がってさらに運気アップしてくのです。

私も気後れしがちなタイプなので、キラキラしすぎているところは苦手だったりするんですけど、今まで転機になった職場はよくわからんノリで応募しちゃってますね。「あ、応募ボタン押しちゃってた!」的な。気後れしながら人生ノリで進んでいく型なのでそれがそのタイミングだったのだろう、と思っています。

ちなみに、流行っているように見える店や職場でも、運気上がるところと上がらないところがあります。上がらないところって、うわべだけ取り繕っているところ、どこかに無理のしわ寄せがいっているところです。

社員が低賃金でこき使われている、とか。お客さんはきているけど、クーポンばら撒きまくっているとか、ぱっと見のおしゃれさだけで中身が伴ってないとか。

いい職場で運気をあげる!って思う気持ちが「いい思いをする!」「得をする!」って気持ちになってしまって、いいとこ取りするぞー!ってなると、見せかけの職場に騙されてしまうので…

いい運気のところって「奉仕」の精神が強いです。お客様に喜んで欲しい!とか社会のためになることをしたい!もしくは、「喜び・ワクワク」を重視していて、みんなで楽しく働く、面白いことしたい!が重要で、成果は後からついてくるもの…ってのが多いので。

売り上げとか立地とか労働条件とかそれらにとらわれずに、実際にお店にいったり提供されているサービスを利用して、自分がいい気持ちになれるかどうか?それを今度は自分から他の人に提供して、嬉しい気持ちになれるかどうか?をしっかり感じて選びましょう。

ここら辺の気持ちって木星射手座的なので。今年はそういう観点で仕事を見直すってすごく大事。今の転職は現実的でない、とか、今の時点で既に活気があふれている人は、今の職場で自分の活気をいい方向で活用できないか考えてみるのもいいかもしれませんね。自らの手で職場の運気をあげるぞー!と。


Leave a Reply