デートのお誘いがなかなかできないアナタへ

こんばんは、黒澤ミライです。

今日は気になる人がいるけど、なかなかデートに誘えない。そんなアナタへのメッセージです。

気なる人がいるけど、デートに誘えない理由、色々あると思います。

相手から言ってきて欲しい。自分から誘ったら自分の方が好きみたい。

自分から誘って途中で相手を好きじゃなくなったら不誠実?

今の関係を壊すことにならないか?

などなど。

けど、一番多いのは誘って断られたら立ち直れない!悲しすぎる!ってことかな。

なんで悲しいのか、立ち直れないのか。

それは自分の全てを拒絶されたように感じるから。

それは、自分の価値の判断を相手に委ねているからですね。

相手の人がデートしてくれるなら、私は価値がある。

デートしてくれないなら、女としての魅力がない、価値がない。って。

自分の価値を決めるのは自分自身。

デートに誘って断られた=あなたに魅力がないってことではありません。

就職、転職活動でも似たような気持ちがあるかな。

採用に応募した、お祈りメールが来た。私って能力ないのかな?使えない人間なのかな?って。

私は占い師になる前に採用に携わっていたことがあるのですが、すごく魅力的な人で、一緒に働きたいなーって思っても不採用にすることがあります。相手が希望する年収よりもだいぶ低い金額しか提示する余裕がないとか、その人の能力を活かしきれるほどの仕事がないとか、すでに働いている人たちのキャラクターとの調和の観点からとか。理由は様々です。

恋愛でも同じこと。

素敵な人だと思っても断られることもある。

オシャレなデートしないとダメかな?気が重いな。

モテそうな人だな、自分なんてすぐ飽きちゃうんじゃないかな?

結婚を視野に入れた人しかデートしない。そして共働きしてくれる人じゃないとやだ!

すぐに体の関係を持ちたいけど、させてくれなそうだな…

など。

好みじゃないってのもありますが。好みってすごく個人的なこと。

女らしい人がいい。痩せている人がいい。ぽっちゃりしている人がいい。胸が大きい方がいい。

相手の好みに当てはまる当てはまらないはありますが、

当てはまらない=あなたに魅力がないってことではありません。

あなたの持っている魅力を素敵だと思う人は必ずいます。

断られるのが怖くてなかなか誘えない人は、自分に厳しかったり、相手の要望に応えようって気持ちが強い人。

すごく頑張り屋さんなんですよね。自分の頑張りを評価するのはあなた。誰かじゃない。

そして運命の人と出会うってすごく難しいこと。

巡り合わせもあるけれど、この人運命の人だ!って自分で感じられる嗅覚を持っているかも大事。

嗅覚を高めるにはたくさん経験して自分の感性を鍛えないといけません。

そのためには第一段階のデートってすごく大事だし、失敗を恐れて動かずにいるなんてもったいない。

デートに誘って断られたら、相手の見る目がないか、あなたの嗅覚が鋭くなかったか。ただそれだけのこと。

自分から動くことは自分から人生を切り開いていくこと。

人生一度きり。積極的に行かないと損ですね。

 

Leave a Reply