数秘術

軌道数と個人周期から見るKAT-TUNの田口淳之介さんの脱退問題

こんばんは、占い師の黒澤ミライです。
これからは、コンスタントに更新していくぞ!と宣言をしてから、だいぶ間が空いてしまいました。

世間はSMAP解散!?の話で沸いていますが、今回は少し前に発表されたKAT-TUNの田口さん脱退の件について、数秘術の観点からお話していこうと思います。

個人的にKAT-TUNは何となく好きなんですよね。誰が特に好き!とか、番組を欠かさず見ている!とか、そういうことはないのですが、見ている番組に映ったりすると魅きつけられてしまいます。

KAT-TUNはデビュー当初は、赤西さん、田中さんを含めて6人のグループだったのですが、田口さんが脱退してしまうと、半分の3人になってしまいます。

今後のKAT-TUNについて数秘術の観点から分析してみました!

KAT-TUNがデビューしたのは、2006年3月22日です。
KAT-TUNというグループを一つの人格とみて、めちゃーデビューの日を誕生日とした場合、KAT-TUNの軌道数は6ということになります。

6という数字は愛を与え続けることが一番のテーマになります。
自然体で出てくる魅力で相手を魅了していくというよりも、相手を楽しませよう、気分よくさせよう!という気持ちが一番にあって、相手を喜ばすことを目的にパフォーマンスをしていくグループです。周りの人に愛を与えるには、まずは自分自身がしっかりとしていないくてはいけません。
自分自身が満たされていなかったり、己の軸がぶれていては、安定的な気持ちで愛を与え続けられないですよね。与え続けていくが故に、本当の愛って何?自分って何?って深く考えていくのです。

田口淳之介さんが脱退を決意したのは個人周期6の年

田口さんが脱退を決意したのは、KAT-TUNの個人周期が6の年です。
個人周期は1〜9までの9年間で一周します。
KAT-TUNは2015年で9年目を迎え、グループが誕生した時と同じ6の年に戻ってきました。
6は愛を与える数字、故に自分自身がしっかりしていないと、とても不安定になってきます。
誰に、どう、愛を与えたいのか?を真剣に考える年でもあります。

田口さんは、ずっと付き合っていた恋人との生活を優先したのではないか?と言われていますよね。彼にとって愛を与え続けたい人は誰だろうか?と考えた結果、それはファンの人ではなく、愛している恋人だという結論に至ったのではないでしょうか。
今までもその件については、考えていたと思うのですが、この6の周期と重なったことにより、より強い決断として外に出たのではないか?と思います。
この結論に至るということは、田口さんはKAT-TUNの使命をしっかり受け止めていたが故です。
曖昧な気持ちではKAT-TUNを全うすることはできませんから、真剣に考えたが故の結果でしょう。

赤西仁さんが脱退した年と田中聖さんが脱退した年はどんな年だったのか?

ちなみに、赤西さんが脱退したのは、2010年の7月。個人周期でいうと種まきの時期にあたる1の年です。前年の2009年は個人周期9の年なので、2009年でデビューしてからのKAT-TUNの一つの区切りのようなものがあったはずです。
赤西さんはデビューして間もなく、活動を休止して留学していますが、この年も田口さんが脱退を決意した年と同じく6の年です。KAT-TUNとしてのメジャーデビューが決まり本格的な活動が再開した中で、自分自身の内面とKAT-TUNとして外に出していくものに違和感を感じたのではないでしょうか。一度グループに戻り、KAT-TUNとしての活動が一区切りついた段階で脱退を決めたようです。

田中さんが脱退をしたのは、KAT-TUNの個人周期が4の年です。4は安定、調和をテーマとする年。田中さんは事務所の外での個人での活動が問題視され、本人の意思とは関係なく、脱退を余儀なくされました。それは、KAT-TUNが安定の時期に入っていたこともあり、問題視される度合いが増大してしまったのではないか?と思います。

今後のKAT-TUNはどうなっていくのか?

田口さん脱退後、KAT-TUNは個人周期7の年に突入します。
7の年では、周りとの関係から少し身を引き、自分自身とゆっくり見つめ合う年です。外側に向いていた意識が中側に向かう時ですね。
なので、ソロでの活動が強化されていくと思います。

その中で見つけ出された各個人の新たな魅力を取り入れて、2017年3月以降は3人でもパワー十分なKAT-TUNを見ることができます。
2017年で実績を作った3人のKAT-TUNは、2018年にはより安定度を増してファンの皆さんにたくさんの希望や喜びを届けられるのではないでしょうか。

2019年は3人で完成させたKAT-TUNからさらに成長していくための種まきの時期になります。
ここからどう変化していくか…どこを目指していくのか…というのが、とても大事ですね。

そんなこんなで数秘術の軌道数を元にKAT-TUNを分析してみました。
KAT-TUNのお誕生日をメジャーデビューの日にするのか、結成された時にするのか、少し迷いましたが…メジャーデビュー前は人間でいう、お母さんのお腹の中にいる時、みたいな感じかなー?と思って、メジャーデビューの日を採用してみました。

今回、久しぶりの更新になってしまいましたが、今後はもう少しコンスタントに更新していきたいと思っています。次回の更新では金星星座別の恋愛傾向について書いていきたいな、と思っています。お楽しみに(*^^*)