自分の星座の特徴にしっくり来ないんだけど、どういうこと!?

こんにちは、黒澤ミライです。
前回の記事で金星星座別に恋愛傾向を書くよ!と言ったのですが、その前に惑星と星座について説明しておかなくてはいけないことに気がつきました。

色んな星座の要素が集まって、個人は作られている

「あなたは○○座です」と一般的に言われているのは、生まれた時に太陽がどの星座の位置にあったか?ということを元に算出されています。
占星術的に言うと「太陽星座が○○座」ということです。

占星術で使う惑星は太陽だけではありません、月、水星、金星、木星、土星…それぞれの惑星にも星座があります。生まれた時にそれぞれの惑星がどの星座の場所にあったかで、それぞれの惑星の星座が決まっていきます。

なので、太陽星座は乙女座、月星座は水瓶座、水星は天秤座というように、各惑星ごとに星座があるんですね。それらを総合して、その人の性格だったり、物事に対しての関わり方の傾向を分析していきます。

この記事のタイトルのように自分の星座の特徴にしっくり来ないという場合は、太陽星座とはだいぶ性質の異なる星座が月の星座や金星の星座だったりすることが多いです。
例えば、太陽星座が乙女座なのに月星座が水瓶座とかだったりすると、ルールを守ってしっかりと地盤を固めていく乙女座のはずなのに、自分の個性を追求して周りとはズレた行動を好んでしてしまう…。なんでだろ?みたいなことになります。

各惑星の星座にはどんな意味があるのか?

  • じゃあ、太陽星座ってなんなの?他の惑星にはどんな意味があるの?ってなりますよね。
    太陽星座はその人の人生のテーマのようなものです。社会に対して、どのように働きかけていくのか…。かなり大きなテーマで自分のコアなようなものです。
  • 月の星座は、その人がリラックスしている時の性格を表します。
  • 水星の星座は、その人の知識の使い方、情報との触れ合い方などを表します。
  • 金星の星座は、その人の恋愛面やエンターテイメントな事柄での性格を表します。
  • 火星の星座は、その人が社会と戦う時にどんな戦い方をするのかを表します。
  • 木星の星座は、他者の受け入れや異なる価値観の受け入れをする時に、どのようにしていくのかを表します。
  • 土星の星座は、自己管理の仕方だったり、エゴを抑制する時にどのようにしていくのかを表します。

天王星、海王星、冥王星は12星座を一周する期間が長く(84年〜294年)、一つの星座に数年留まります。なので、これらの星座が象徴することは、各世代での特徴を示しています。
2個下の人は、なんとなく価値感の相違を感じる…。5つ上の人は年は離れているけど、共感できることが多いなぁ…なんて場合は、これらの惑星の区切りによるものがあったりします。

次回からは恋愛を司る金星星座について詳しく解説していきます!

というわけで、みなさんの関心度が高いと思われる恋愛については、金星が司っているんですね。
お相手の金星星座を知ることで、恋愛はだいぶスムーズに進んでいくと思います^^
次回から、各金星星座について解説していきますので、お楽しみに!

各惑星の星座は、生年月日、出生時間、出生場所からホロスコープというものを作成して、出していきます。

このサイトで無料でホロスコープが作成できます。
http://www.m-ac.com/pages/setting_j.php

出生時間がわからない場合は、昼の12時で設定しています。
気になる惑星が星座の境目に位置している場合は、出生時間によって星座が異なるということなので、正確な出生時間を把握するか、可能性がある二つの星座でよりしっくり来る方を選択するのがいいかな?と思います(*^^*)

Leave a Reply