【運気アップ】奪われたくない、という感情を捨てる

こんばんは、黒澤ミライです。

12月入って急に寒くなりましたね〜。去年は外出する際はほとんだ息子を抱っこしている状態だったので、「あれ、冬って意外と暖かい!?」なんて思っていたのですが、自転車移動するようになってから寒くて仕方がないです。長年、夏嫌い!冬好き!だったけど、逆転しそうな勢い。

さて、今回は前回に引き続き、運気アップについてのお話。

運気アップには幸せのお裾分けが大事

運気をアップさせるためには、人に幸せをお裾分けしないといけません。幸せを分けるってどういうことか?って、相手が喜ぶことをしてあげること、です。

相手に渡した小さな喜びが巡り巡って大きくなって自分のところに戻ってくるんです。

ただ、相手に喜びを渡すって疲れていたり、過去の経験で傷ついていたりするとなかなかできない。

ついつい守りに入って「何も渡さないぞ!」とか「損しないぞ!」って思ってしまうんですよね。私もそういう時期ありました。

あと、誰かに利用された!? バカにされた!?と感じるような経験があると「バカにされたくない」とか「下に見られたくない」みたいな感情が湧いて、心を閉ざしてしまうこともあるでしょう。(この感情ともよく戦っています)

無理のない範囲で幸せをお裾分けする

幸せを誰かにお裾分けしたとして、その人から少し大きな幸せが返ってくるとは限りません。

巡り巡って別の人から返ってきたりするので(こっちの方が多いですね)、直接幸せをあげた人からは、嫌なお返しをもらうことも少なくないです。

その時に「もう幸せなんて分けるもんか!!」って思うけど、分けた幸せが大きければ大きいほど怒りは強くなる。

なので、相手に幸せをあげるときは、まずはスルーされようが嫌なお返しをもらおうが痛くない幸せをあげる、無理のない範囲で幸せをあげる、ってことが大事です。

一番簡単なのは笑顔かな。笑顔で挨拶、笑顔でお礼。

笑顔はタダだけど、人から微笑まれるって結構嬉しいです。

今すぐ笑顔の練習!?して、友達、知り合いはもちろん、スーパーやコンビニさんなどに笑顔で会釈できるようにすべしです。

第二段階は一言コメントする、かな。

電話のメモとか、書類を渡すとか、あとは誕生日のおめでとうメッセージや新年のメッセージなど。何気ない一言を書いて相手に届ける。「よかったよ!」とか「おめでとう!」とか直接一言声かけるのもいいですね。

会社を退職した時に、人事の人から届いた退職関連書類に「次の職場でも頑張ってね^^」とか一言書いてあったりすると、ちょっとジンときたりしますよね。

気軽にお裾分けできる幸せの幅を広げていく

笑顔とかコメントするとか…あとは、人によって気軽にできること、できないことはそれぞれだと思うので。

勉強を教えるのが気軽にできる人もいれば、手作りお菓子をあげることが気軽にできる人もいる。

トレンドをいち早くキャッチして、それを伝えることが苦にならない人もいる。

人にあげっぱなしになって、わかりやすくお返しが来なくても、仮に相手の反応がよくなかったとしても、「まぁ、いいか」と思える、幸せをお裾分けの範囲を少しずつ広げていくことが大事です。

ものすごい成功している人とか「え!?大して仲良くもない人のためにここまでしてあげちゃうの!?しかもリターンを求めないの!?」みたいな人、多いです。

なんでもかんでもぽいぽい人に与える必要はないけど、小さなことを少しずつ…その次は自分にとって苦でないことを少しずつ…誰かに与えていけると、運気はどんどんアップしていきます!

 

Leave a Reply