スートの特性を利用してパーソナリティを分析する

タロットカードは全部で78枚。女帝や塔などの大アルカナカード22枚と小アルカナカード56枚です。

小アルカナカードは、ワンド(棒)、カップ(聖杯)、ソード(剣)、ペンタクル(硬貨)の4種類に分類され、それぞれ14枚のカードがあります。

ワンド、カップ、ソード、ペンタクルの分類をスートと呼び、それぞれに特性があります。

タロットカードの各スートの特性

それぞれの特性にはポジティブな面とネガティブな面があります。

タロットカードのスート「ワンド」の特徴

ワンドのポジティブな特徴

  • 冒険的
  • 大胆
  • 勇気がある
  • 生き生きした
  • チャーミング
  • 自信、確信
  • 果敢

ワンドのネガティブな特徴

  • 攻撃的
  • 短気
  • ずうずうしい
  • 無謀
  • 自己陶酔
  • 不注意
  • 準備をしない

タロットカードのスート「カップ」の特徴

カップのポジティブな特徴

  • 美的
  • 静か
  • 精神的
  • ロマンチッキ
  • 夢のような
  • 優しい
  • 温和
  • 思いやりがある

カップのネガティブな特徴

  • 不機嫌
  • ヒステリー
  • 虚弱
  • 過敏
  • 怠け者
  • 暗い
  • 妄想的
  • きまぐれ

タロットカードのスート「ソード」の特徴

ソードのポジティブな特徴

  • 分析的
  • 正直
  • 知性
  • はっきりしている
  • 公正
  • 冷静
  • まっすぐ
  • ざっくばらん

ソードのネガティブな特徴

  • 難解
  • 辛らつ
  • 高圧的
  • 理論にこだわりすぎる
  • 冷淡
  • 高飛車
  • 横柄
  • 無神経

タロットカードのスート「ペンタクル」の特徴

ペンタクルのポジティブな特徴

  • 有能
  • 職人的
  • 器用
  • 勤勉
  • 堅実
  • 安定
  • 規則正しい
  • 辛抱強い
  • 事実に基づく
  • 頼りになる
  • 誠実

ペンタクルのネガティブな特徴

  • 強引
  • 重苦しい
  • つまらない
  • おどおどしている
  • しつこい
  • 平凡
  • ユーモアにかける
  • 頑固

特徴はこのようになっており、人のパーソナリティを決定付ける大切な4要素が各スートの特徴になっています。

タロットカードのスートの特性に基づいて相手や自分を理解すると人間関係を円滑にするヒントが得られる

スートはパーソナリティを決定付ける大事な4要素で成り立っています。それぞれの内容には長所と短所あり、それぞれのスートの特性がどの程度出るかによってポジティブになるかネガティブになるか決まります。

すべての要素を誰しも持っていますが、人によって強い要素、弱い要素があります。私の場合は、ワンドとソードが強いなぁ…と自己分析しています。調子の良いときは、野心を持ちながらも分析的に物事を進めていける人ですが、調子が悪いときは、無計画で文句ばっかりという人になってしまいます(笑)。ここ2年くらいはカップ的な要素(愛情深く、よく気がつく、人の感情に敏感)が求められるシーンが多くありましたが、感情を汲み取らずに事実を率直に伝えてしまい、相手との関係がギクシャクしてしまうことが何度かありました。自分がカップの要素が弱いということを途中で再認識し、意識的に行動することで何とかその時期を乗り切ることができました。

自分と親和性の高いスートを知る。そのスートの特性の良い部分が出ているときの自分はどのような自分か。悪い部分が出てきているときの自分はどのような自分か。自分と親和性の低いスートが何か。そのスートとの親和性が低いことで自分が不得意としている分野は何か。

同様に良い人間関係を構築したい相手に対して、その人はどのスートの特性に近い人だろうか?その人が調子がいい時はどのような感じか?調子が悪くなるとどうなるか?どんなシーンが苦手なのだろうか?…とスートの特性をベースに自分や相手のパーソナリティについて考えていくと今までなかった新しい発見をしたり、相手との付き合い方のコツがつかめてきたりします。

タロットで占うことで問題解決を図るのもよいですが、タロットが持つ特性を軸に問題を分析していくことも非常に面白いです。人間関係で迷ったときに、思い出してみてくださいね。

 

Leave a Reply