タロット占い

タロットで見える!?本当にその彼好きですか?

こんばんは、黒澤ミライです。本日は久しぶりにタロットを絡めたお話です。

私が恋愛に関する鑑定の依頼を受けた時、多くは「相手の気持ちが知りたい」だったり「復縁の可能性はありますか?」だったりするのですが、相手の気持ちを見るだけでなく、相談者さんがどういう気持ちなのか?も一緒に見ます。

基本的には相談者さんは相手のことが好きだから相談してきている。ただ、実際に見てみると、意外と相手のことは好きじゃないみたいなことは少なくありません。
基本的に、男性も女性も本気の恋ってそう簡単にはできない。けど、世間からの恋愛しなさい的な圧力はみんなそれぞれ感じていたりして。受験を頑張る、就職を頑張る的な感じで、恋愛を頑張っている。そうすると、頑張りが差して好きじゃない相手でも発揮されて、自分は相手のことが好きだ、と思い込んでしまうんですね。

私自身も過去の恋愛を振り返って、どうにか振り向いて欲しい!とか、関係を復活させたい!とか、思った相手も「よく考えればそんな好きじゃなかったかも?」って人もいる。それは数年経ってわかることで、その場ではわからない。

逆にあっさり終わったけど、意外とあの人ってすごく安心できたし、よかったじゃんってこともある。

というわけで、今日はタロットカードを軸に相手のことを好きな時、好きじゃない時についてお話していきたいとおもいます。

相手のことを好き!って時に出るタロットのカード

まずは、相手のことを好き!って時に出るタロットのカードから。

上段から左:力、カップの6 、カップの2、太陽
下段左から:星、女帝、ワンドの4、恋人
(場合によって好き!以外の意味に取ることもあります)

相手を受け止めていたり、受け入れていたり。気持ちが通じ合っていたり、未来に向けて安定的な関係を築けていたり、気持ちが落ち着いて癒されていたり。

うまくいっている時に出るカードでもありますかね。

左から:カップの10、カップのエース、カップのペイジ、カップのクイーン

カップのカードは感情を表します。例に挙げたカードはプラスの感情、暖かい感情を表すカード。正位置なら落ち着いてますし、逆位置なら嫉妬や不安などネガティブな感情に向いている可能性はありますが、それも好きならでは。

ここら辺のカードは相手を好きな時に出てくることが多いです。(複数枚引くときはその組み合わせによって解釈が変わる場合もありますが)

本当は相手のことを好きじゃないかも?の時に出るタロットのカード(ソードの場合)

次はもしかすると、そこまで相手のことは好きじゃないかもしれないという時に出るタロットのカードについてです。

相手のことを好きじゃない時に出るタロットのカード
上段左から:ソードの3、ソードの2、ソードの8、ソードの5

下段左から:ソードの4、ソードの10、ソードのクイーン、ソードのペイジ

ソードシリーズです。そもそもソードはあんまり恋愛得意じゃないです。

ソードは頭脳派、理論派なカードです。上のカードは好きじゃないどころか相手を受け入れてないみたいなのもあるし、恋の駆け引き的な部分が多くを締めて気持ちがない…的なものあります。

あとは好き以前に、状況が受け入れられずに頭が混乱しているとか、自分が何か過ちを犯したのか!?って正しさを証明するための謎解きモードに入っちゃってるのもあるかな。

好き!ってよりはなんでこうなったのか!?って気持ちが強いカードですね。謎を解き明かすために相手を知りたい。

本当は相手のことを好きじゃないかも?の時に出るタロットのカード(ペンタクルの場合)

相手のことを以外と好きじゃないかも?の時に出るタロットカード、ペンタクルの場合。

上段左から:ペンタクス9、ペンタクル6、ペンタクルキング

下段左から:ペンタクルのエース、ペンタクルの4、ペンタクルの5
ペンタの5は単純に失恋の痛手なんかを表したりもしますが

これはペンタクルシリーズです。ペンタクルは地のカード。物質的なもの、形あるもの…結婚とか、付き合うこととか、枠組みやステータス的なことを表したりするかな。

なので恋人がいない!という自分のステータス変更を受け入れられなかったり、破局によって自分の社会的価値が否定されているように感じていたり…

もしくは結婚が遠のいた!や彼氏いる歴の更新ができなかった!的なことだったり。ちなみに、長く付き合うことができないってのは、悩みで多く、「自分はモテない、恋愛ダメ」って思っている人多いですが、多くは恋愛力がないよりも選びかたがおかしい、とか、わざわざリスキーなの選んでるとか、そういう方が多いです。

あとは、相手のステータスが良かった!主にはお金持ちだった!将来有望だった!的なことで、その人を超える条件の人に今後出会えないのでは!?みたいな気持ちであることも。

ここらへんのカードはその人がいることによって確立される自分の社会的ステータスが損なわれた!ってことに、モヤモヤを抱いているケースですね。

本当は相手のことを好きじゃないかも?の時に出るタロットのカード(ワンドの場合)

最後の相手を好きじゃないかも?のタロットカード、ワンドの場合です。

上段左から:ワンドのペイジ、ワンドのクイーン、ワンドの7

下段左から:ワンドのナイト、ワンドの5 、ワンドの6

ワンドは火のカードでもありますし、結構イケイケなカード。恋愛面の相手の気持ちで出たらやったー!って時もありますが、相手を思いやっているというよりは、自分の気持ちをぶつけたい!自己表現したい!気持ちの方が強いカードです。闘争心も旺盛です。

なので、場合によっては「振られた=負けた」ことを覆したい!だったり、自分のすべてを伝えきれてない!ちゃんと聞いてから判断して!だったり、まだできることがあるのに!みたいなことが多くて、恋に置いて不完全燃焼だった時、自分の100%を出しきれてないと思って後悔しているときに出たりします。

なので、相手のため…相手が好きだから…というよりも、自分が満足できてないんじゃ!ってのが大きいかな。

好きじゃないのにモヤモヤするのはどうすればいいのか!?

ここが一番大きいのかな。基本的に上にあげたような好きじゃない人を追いかけてしまう人は、責任感が強いとか親から結果を出すことを可能に求められていたとか自分自身が成果を上げることにコミットしすぎている、とかそういう場合が多いです。要はすんごく頑張り屋さんで、物事を途中で放置できないんですよね。長所でもあります。

けど、するべきことはしばらく相手からその事柄から距離を置くってことです。

縁を繋ぎ続けるって相手に対して頑張り続けないといけない、ってことではないから。一旦切れたように感じた縁でも、自分にとって、相手にとって必要な縁なら必ず再び繋がります。

なので、続きは天に任せます、な気持ちで、少し距離を置いて休んでみる、ってのが大事かな。