天王星牡牛座時代へ!その恋のやめどきを見極める

こんにちは、黒澤ミライです。

天王星が牡牛座に移行しました。書きたいことがいろいろあって、本当は前もって書いていこうって思っていたのですが、結局かけてないので…

本日からゆっくり天王星牡牛座時代について、いくつか記事を上げていきますね。

16日、天王星が牡牛座に移行しました

昨日、日付が変わってすぐに天王星が牡牛座に移行しました。

約7年間の牡羊座時代を経て牡牛座に突入です。今年の11月から来年の3月までは逆行で牡羊座に戻るので、ここから11月までは牡牛座試運転期間という感じ。牡牛座時代ってこんななのかな?ってのを何となく感じていけるといいですね。

この天王星の移動で

  • 運気の入れ替えよう
  • 古いものは捨てよう
  • 新しいものを入れよう
  • 新しい自分へ!
  • 本当の心地よさの追求

ということがたくさん言われていて、私も言ってきましたけど、断捨離がホットなワードです。

物も人間関係も。

今している恋も何となくモヤモヤした物があるなら、捨てちゃった方が後々いい方向に向かっていきます。

けど、なんでもかんでも捨てればいい、ってもんじゃいので。

どんな状態だったら、今の恋をやめるべき?というのを、お話していきますね。

天王星牡牛座時代、今の恋をやめるべきか?見極めのポイント

では、どんな状態だったら別れた方がいいのか、いくつかご紹介しますね。

気持ちはそんなに残ってないけど、相手の条件が素晴らしい

いい会社に勤めている、真面目に働いてくれる、実家が資産家。結婚する上での安心感はあるけれど、純粋に相手にときめいているわけじゃない。けど、結婚意識したらいい相手じゃない?みたいなのは、別れた方がいいです。この人と付き合っていることによって自分のステータスが上がっているように感じるからってのも、同じですね。これから豊かさの革命が起こりますし、自分の楽しみ、ときめきに素直でいる人に報酬が与えられるので、さっさと別れちゃいましょう。

相手イマイチだけど、今から新しい相手を探すのが面倒くさい

相手に対して、イマイチって思っている部分もあるけど。とりあえず、結婚したい。イマイチな部分に目を瞑る労力と新しい人を探しす労力を考えたら、前者の方がまだマシ。仮に結婚をするとなると、あと数十年、この状態が続きます。もしくはもっと悪くなるかもしれません。天王星は変革の星。不満に対して現状維持か変化か?を選択する場合、変化を選択した人に大きく味方してくれます。

食、音楽、映画、本…趣味が合わない

牡牛座の支配星は金星。金星は楽しみ、感性、娯楽などを司る星です。これからは自分の楽しい!美味しい!面白い!快適!を楽しめば楽しむほど、運気が上がっていく時代。そこを一緒に楽しめなかったり、我慢しなければいけないのなら、別れましょう。

自分の時間をないがしろにしてしまっている

上と同じですね。これから自らの楽しみを追求していかないといけないのに、相手からの束縛が激しい、向こうの予定ありきで、自分の予定をなかなか確定できない、そんな場合は別れましょう。

お別れする時に大事なのは「私なんて…」とか「私はダメだな」って思わないこと。「もっともっと自分らしい人生をこれから歩んでいくための選択をしたんだ!」って思うこと。そうすれば、次の恋はちゃんときます。終わりは悲しいことじゃない。スタートである。を肝に銘じて、新しい一歩を踏み出しましょう。

逆に別れなくてもいい場合

別れるパターンを書きましたが、別れなくてもいい場合は、自分は楽しいし、相手のことを好きだ!って思っているのに、親や友人からの相手の評価が悪いパターン。もしくは、すごく好きだけど、そして、結婚や子どもを持つことを視野に入れているけど、経済的な心配があって、安定した人を選んだほうがいいのかな?って思っているパターン。これらは相手と一緒に変化をしていくことが大事で、お別れする必要はありません。

いかがでしたか?

悩んでいる恋があるなら、天王星の後押しを受けて、よりハッピーな人生への再スタートを切りましょう!

 

Leave a Reply