1月2日蟹座満月と2018年の始まりに思うこと

みなさん、あけましておめでとうございます!

2017年はどんな年でしたか?そして、2018年はどんな年になっていくのでしょうか。

今日は蟹座の満月!蟹座満月と2018年のメッセージを合わせてお届けします。

1月2日蟹座の満月は自分の内なる感情を外への活力に変えていく時

今回の満月は蟹座、魚座、蠍座の水星座のトラインと蟹座、山羊座ラインのオポジションでカイトを作っています。

そんな蟹座の満月は周りの人への想い…思いやりも、共感も、これだけは譲れないって信念も。

そういった自分の内なる感情をひっくるめて認めて…

そしてそんな感情を抱かせてくれる周りの状況に感謝して…

仕事だったり、少し遠い人たちとの関わりだったり、社会との交わりだったり、そういったことへの信念に変えていく時です。

ホロスコープ的にはカイトだし。月のルーラー蟹座の満月なので、パワーは強いんですけど、そんなに派手でわかりやすい感じはないかなーって感じていて。ここのところずーっと、「幸せってなんだろう?」ってことについて考えているんですけど。ちょっと前から大ブームのゲスの極み乙女の「シアワセ林檎」がすごくしっくりくるなーって感じています。

「なんでもないことがシアワセに感じる」って。幸せな状態でもブルーな気持ちとか悲しみとか怒りとかそういう気持ちは普通にあるんですよね。でも、なんでもないことがそこにあって、それが幸せだなーって思えたら、すごくいいな、って思います。

このお正月のまったりとした雰囲気の中で漠然と感じる、「あー、意外と悪くないのかもな」って気持ちを前向きなパワーに変えていけるといいですね。

2018年のはじまりに思うこと

2017年の終わり、12月20日に土星が山羊座入り。ちょっとピリッとしたムードに。ごまかしは効かない。その分、努力していること、見えない場所でちゃんとやっていたことはちゃんと表に出てくるそんなモードに。

そして、そして5月15日に天王星が牡羊座から牡牛座へ。ラッキースター木星もちょっぴり気難しい!?蠍座にありますしね。大きな惑星の移動があるので、ここ数年からの流れからはちょっと変わって、割と騒がしい年になると思います。

数秘術的には2018年は2(11)調和の年。私のタロット的には女教皇(正位置)。心が満たされていること、整っていること。自分の在り方が確立されていること。そういうことが土台にあって。その上でやってきたものをとりあえず受け入れること。

「これは私の得意分野じゃない」とか「私らしくない」とか「今まで私の何を見ていたのか!」とかそういう気持ちは一旦置いておいて。

「言われたらからしてみるか」みたいな気持ちが大事。「私はロックが好きです!!」って周りに公言していた人がいきなりクラシックのコンサートに誘われた。そんな時に「え?なんで私?ロックしか聞かないし!」って拒絶するんじゃなくて、「何か感じるものでもあったんじゃないか?」ってとりあえずは受け入れて、いやいやでも参加してみるってのが大事です。

数秘術的には2だけど、11の2なので、外に表現していくって要素も加わります。なので、実際にしてみた上で、元々あった自分のセンスとか資質を組み合わせて、オリジナルな形で外に出していければ、実り多き年になるのではないかな?と感じます。

個人的には2017年は育児1年目で、ありがたいことに保育園にも入ることができ、仕事も再開することができました。

そして鑑定依頼をしていただいている皆様にいろんな意味で助けられ、なんとかギリギリ!?年を越せることができました。

ありがとうございます。(息子が12月末生まれなので、12月はクリスマスに一歳の誕生日に年末年始の準備やらなんやらですごく大変でした…)

2018年はより安定的により力強く、皆様の幸せのお手伝いをさせていただきたいと思っているので、引き続きよろしくお願いいたします。

2018年が皆様にとって素敵な1年になりますように。

 

Leave a Reply